So-net無料ブログ作成

第2回人口減少時代のまちづくり講演会(報告) [地域再生・まちづくり]

2016年7月22日(金)6限、大月短期大学C201教室を会場にして一般公開「第2回人口減少時代のまちづくり講演・パネル討論会」を開催しました。
IMG_7724.JPG

昨年に引き続き、学生は勿論のこと、一般市民の方々、市役所幹部職員ほか大勢の参加者で会場は満員御礼となりました。

第1部の基調講演では、水野雅男法政大学現代福祉学部教授が「街を動かす市民活動」という講演テーマで講演されました。水野先生は、金沢市等での自ら関わってきた老朽化した家屋の改修プロジェクトやその手法を詳しく説明されました。現場重視の先生の豊富な経験や見解を提示しながら、また動画も交えながらの説明には迫力と説得力がありました。

DSCF0018.JPG

IMG_8868.JPG


続いて第2部はパネル討論会。ここから総務省自治行政局地域自立応援課係長の後藤勝氏にも加わって頂き、私の司会のもとで進めました。まず冒頭で後藤氏より、地域おこし協力隊の現況を踏まえ個別の注目すべき自治体でのまちづくりの事例をピックアップして頂き、特徴などを整理していただきました。
IMG_7734.JPG

そしてパネル討論へ。地域づくりの担い手や資質のあり方、その支援体制として重要なことは何か、という論点を掲げてパネリストから意見や補足等を頂きました。終始一貫、各パネリストから地域レベルで湧き上がる市民主体の発動や行動、外に開かれた組織づくりの重要性が指摘されました。

DSCF0098.JPG

最後にフロアとの意見交換・質疑応答。大月市の地域おこし協力隊の方、学生等から質問が出て、パネリストの方が丁寧に補足説明などを行ってくれました。
IMG_8976.JPG

塙ゼミの学生は会場受付や誘導、アナウンスなど手伝ってくれました。学生にとっても貴重な経験になったと思います。お疲れ様でした。


コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。