So-net無料ブログ作成

4大学チームが「学生目線の地方創生」シンポジウムでアイデア提言

去る7月21日、「第3回 人口減少時代のまちづくり ~学生目線の地方創生~」シンポジウムが大月短期大学「岩殿ホール」で開催されました。

学生200名、一般20名ほど参加者する中で、4大学チームが各々、大月市のまちづくりの将来を見据えながら課題整理とアイデア提案をセットでプレゼンしました。また大月市の副市長、まちづくり創生課長も登壇いただき総評・コメント等を頂きました。

東大、法政大、大月短大A、大月短大Bの順でプレゼン発表しました。
まず東大から。
IMG_9133.JPG

次に、法政大。
IMG_9147.JPG

大月短大A。
IMG_9156.JPG
IMG_9160.JPG

最後は大月短大B。
IMG_9171.JPG
IMG_9172.JPG

以上を踏まえて、パネル討論へ。
IMG_9186.JPG
IMG_9185.JPG

最後に石井副市長による総評。
IMG_9200.JPG

最後に私から閉会の言葉(総括)。
IMG_9204.JPG

まちづくりに「答え」は存在しません。唯一「答え」なるものをいえば、それは「具体的に考え、行動する」ことかと感じます。プレゼンを行う個々の学生の横顔をみながら、企画者・司会者として実感しました。

最後に、全員で記念撮影。お疲れ様でした。
P1160088.JPG

コメント(0) 

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。