So-net無料ブログ作成
検索選択

「地域実習」で大月市奈良子へ [地域再生・まちづくり]

去る11月15日および16日、「地域実習」の講義の一環で1泊2日で大月市奈良子にある「奈良子炭焼体験塾・釣センター」を会場にキャンプ実習を行いました。

その数日前から寒気が入り込み、山梨県の中山間地域とあって、朝晩そこそこ冷え込む中での開催でした。

まずは、釣センターを視察。土曜日とあって首都圏からの一般客が多く、意外にもにぎわっていました。
P1060559.JPG

釣センターの釣り堀池のすぐ脇には桂川の支流、奈良子川が流れます。
P1060563.JPG

次に「炭焼体験塾」の敷地内へ移動。オーナーの棚本氏から炭焼をはじめ森林エネルギーについてお話を伺いました。
P1060597.JPG

いよいよ夕食。バーベキューです!
P1060621.JPG

夜食は囲炉裏で暖をとりながら焼きおにぎりを作りました。タレは焼肉のタレを利用。
P1060630.JPG

寒い夜を何とか乗り切って、朝を迎えました。
朝食は、2年生が前夜から仕込んでくれたカレーライス。棚本氏のご好意で大量のジャガイモなど野菜をご提供いただきました。

そして最後に受講生全員で記念撮影。みなよく頑張りました。
P1060634.JPG

オーナーの棚本氏には大変お世話になりました。また学生も、奈良子という大月市のフィールドに実際に出て、1泊ながら中山間地域のリアルに触れることができたので貴重な体験だったと思います。来年も、奈良子キャンプを実施したいと考えています。

大月短大×東京大学×慶応大学 塙ジョイントゼミ(第3回) [塙ゼミの研究活動]

11月27日、第3回目となるジョイントゼミを開催しました。
今回は大月短大のゼミ生が限界集落化のプロセスについて先行研究を援用しながら報告し、その後、全員で質疑応答や討論を行いました。4人の東大生が参加してくれました。

限界集落プロセスの分析枠組みについて説明するゼミ生の滝脇さん。この枠組みを使って、現在の大月市の位置を示しながら今後ありうべき政策を検討しました。
IMG_6983.JPG

質疑応答の様子です。フロアの東大生からは、分析枠組みや事例の意義などたくさん質問や指摘が出ました。
IMG_6986.JPG

ゼミの終了後、全員で食事会をして、楽しいひと時を過ごしました。
次回は年明け2月以降の開催です。